ブラックマザーの独り言
人生、捨てたものではないようです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


帰省日記

帰省2日目。


地震。

人生初(だと思う)の震度6はなかなか衝撃的で。


お?地震か。

じ、地震だ…

ヤベッ!地震だ!!


夜中、nao坊久々の夜泣き。

キーキーなんか変だなぁと思った数分後に地震。

お前、なまずか?


しかし地震の最中はnao坊ken坊すやすや夢の中。

本やら何やらガシャガシャと落ちる中、お構いなし。


私、ken坊おんぶにnao坊抱っこ。

そんな真夏の避難所生活はしんどいなぁ。

なんてボーっと妄想してたらおさまった。


この地域、意外と被害が少ない。

さすが地震に慣れていらっしゃる。



それよりも。

nao坊のもやしっこぶり。


午前中にお散歩行く。

『アツイヨォ、スズシイトコロデオチャノミタイ。』

『モウツカレタ、オウチカエル。』

…三歳児の発言ではないですね…

公園の水道の蛇口に虫が付いていようもんなら当然触れない。

ブーンと飛んできたら、発狂。



潮の香りがたまに漂ってくると。

『ママァ、ナンダカクサイヨォ』

と鼻をつまむ。


都会っこぶりにイライラする。

こんな転校生がいたら絶対いじめるね、私。


おめ、東京さけぇれ。


この夏で鍛えてやるぜ。

いじめっこの血が騒ぐ…


スポンサーサイト

テーマ:二人の成長&育児 - ジャンル:育児


ピンクビール

ガラにもなく、かわゆ~い♪なんて少しばかりウキウキしてしまいました。


CIMG0117_convert_20080717202322.jpg


ピンクのビール?


いえいえ、カルピスのさくらんぼ味を炭酸水で割っただけのこと。

たまたまギネスのグラスに注いだらうまい具合に泡もたち。


まるで常夏、ピンクのビール。


こんなものにかわゆい♪なんて思う心、私にもまだ残っていたのですね。


よかったよかった。



女なら 忘れちゃならぬ 乙女心
(字余り)

夏の遊び

最近、ken坊の機嫌がよろしくない。

暑いのか?

体調が優れないのか?

先ほども暑くて寝づらいのか、泣いて泣いて泣いて吐いた。

汗だくおんぶで寝た。

あぁ、めんどくさい。



いつもいつも泣いていた(泣いている?)nao坊は、いつもなのでイライラした。


いつもいつも機嫌の良いken坊が泣いていると、たまになのでイライラする。
(いつも機嫌がいいのに何なの?と…)


ken坊に対する私のイライラも暑さのせいか。



最近の夏の遊び。
(引きこもり編)

ベランダプール。

子供らプール。

親、室内。

DSC01383_convert_20080716205731.jpg


生協のお兄さんに毎回もらうドライアイスでアイドルごっこ。

nao坊、スタッフ。

ken坊、アイドル。
(本人たちの希望により。)


CIMG0110_convert_20080716205519.jpg



以上。


かなり思い切らないと屋外で遊ばせる気にもならず。
(買い物だけで精一杯…)

限界です。

来週、帰省決定。


じぃじ&ばぁば、SOS。


一人で二匹の怪獣を連れて行くわけだが、たかだか数時間。

耐えてみせよう。
(でも、付いた頃には私ボロボロですね…)

旦那よ、すまない。

我々は先に行き(逝き)ます。





老婆

お久しぶりです。

暑さにめっぽう弱いため、お得意の引きこもり生活です。

大昔は夏、好きだったのだが…

東京の夏は不快以外の何ものでもないですね。

気温が高くても、沖縄のほうが全然いいと思うわけです。




さて、ここ数日でken坊に変化がありました。

とうとう歩き出しまして…

あいや~厄介だわぁ。

なんて思う反面、やはり最初の歩き方ってかわゆいもので。

両手でバランスを取りながら歩く滑稽な姿にキュンキュンしちゃいます。


初めてのあんよ。



最近、いつも見かける老婆がいます。

年の頃は80過ぎといったところでしょうか。

商店街に入る交差点。

信号待ちで3日連続で見かけました。

いつも雑居ビルの階段の一番下に座り、大通りを走る車の流れを見つめています。

この猛暑の中、何をするでもなく、ボーっと。


一人暮らしの老婆だろうか。

子供たちに見捨てられたのだろうか。

年金問題、医療問題に苦しむ一人だろうか。

クーラーを付ける電気代もないのだろうか…



はたまた。

嫁にいじめられているのだろうか。

家に居場所もなく、外に友達もなく、孤独な心で座っているのだろうか。

厄介者と呼ばれているのだろうか。



それとも。

痴呆老人の徘徊だろうか。

昔、ここが大通りではなかった頃。

ビルなんて建っていなかった頃。

心寄せるあの人と待ち合わせをしていた場所なのだろうか。

政略結婚で引き裂かれたあの時以来、あの人とは遭っていないが。

いつも私は夫の目を盗んでここに来ていました、と。

数十年経った今も待ち焦がれているのだろうか。





たかだか3分程度の信号待ちで、妄想全開の私。

だけど、気になるあの老婆。

明日もいるかな。

いたらいたで心配だけど、いなかったらそれはそれで心配。



あの老婆も初めてのあんよがあったんだろうな。

当たり前のように歩いている私たちだが、誰にでも初めの一歩がある。

その一歩からどの方向にどのスピードでどの道のりを行くのかは誰にもわからない。



あの老婆の最後の一歩が幸せだったらいいなと、心から思います。












お星さま

nao坊、幼稚園での七夕製作。


頭にかぶって帰宅したときは何事かと思った。


本人、かなりのお気に入り。


パパに見せるんだ、と自慢げにかぶって今朝。




NEC_0017_convert_20080703124252.jpg




『パパァ、ミテコレ!ナオツクッタノ!!』


『おぉっ!凄い!上手だねぇ、いかさん。』


『ウンッ!アハハ♪』






…いか?


旦那もてきとーだが。

うん、と言ったnao坊も超てきとー。



それで父子関係が成り立っているのなら何も言わないけど。




…それにしても、いか?



エプロンドレス

だいぶ前に実家の母にエプロンドレスを作っておくれ、と型紙を渡された。
(買ったほうが早いのに…)


途中経過をテレビ電話で見せると。

『そんな気違いみたいなの、恥ずかしくて着れない』と。
(エプロンなのに。家の中だけなのに…)

ならば自分用に。


おもて。

NEC_0012_convert_20080702142801.jpg




うら。

NEC_0013_convert_20080702142859.jpg




自分用になった途端。

えりぐり、そで、裾、てきとー。


まぁ、確かに60歳のばぁばがコレ着て玄関から出てきたら…

宅急便のお兄さんもゾッとするね。

目、合わせられないね。

そそくさと帰っちゃうね。

その夜、夢に出てくるね。


ばぁば用、いつになるやら、そのうち。








プロフィール

Kazu

Author:Kazu
結婚なんて考えもしなかったあの頃。
子供なんてもってのほかだったあの頃。

2004年長男誕生

2007年次男誕生

2011年三男誕生



男児三匹+旦那の飼育に追われる日々。

人生わからないものです。

子供が苦手なブラックマザーの独り言。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。